経営労務監査、人事労務管理、労働問題の相談は大田区の伊原毅事務所へ

事務所概要 プライバシーポリシー

03-5763-5622 メールでのお問合せ

受付時間:9:00~17:00  定休日:土曜・日曜・祝日

メルマガのご紹介

平成25年10月号②「社員研修」実施の現状と企業が抱える問題点

画像はありません
2013年10月15日 22時57分

株式会社ディスコでは、企業の社員研修・教育担当者を対象に、自社で実施している社員研修についての現状等を調査しました。
それによると、新入社員を含めた若手社員への研修は非常に手厚いものの、管理者以上の研修は比較的手薄であることがわかったそうです。

 

1,社員研修の対象層は?
企業における社員研修の対象層(複数回答)は、次の通りでした。
(1)新入社員研修(95.9%)
(2)若手社員研修(81.1%)
(3)管理職研修(62.1%)
(4)管理職前研修(55.6%)
(5)次世代経営層研修(22.6%)
(6)経営者研修(11.5%)

 

2,社員研修の問題点は?
社員研修の問題点として、一般的に以下のようなことが挙げられます。
・「通常業務で忙しく社員研修に充てる時間がない」
・「社員研修の予算が低く効果的に実施できない」
・「社内に教育・指導を行うことのできる人材がいない」
・「会社全体として計画的に社員研修ができていない」
・「社員研修を実施したとしても効果が見られない」

 

3,「時間・予算」は限られている
上記のような問題点を克服し、いかにして効果的な社員研修を実施できるかどうかが、社内人材の育成、ひいては会社の成長に影響してきます。
限られた「時間・予算」の中で、どのような研修を実施することができるのかを一度考えてみることも必要でしょう。

お気軽にお問合せください

【受付時間】9:00~17:00
【定休日】土曜・日曜・祝日

03-5763-5622 メールでのお問合せ

アーカイブ

新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容

業務内容の一覧へ
基礎講座 業務関連リンク

当事務所のご案内

【社会保険労務士 伊原毅事務所】

〒143-0016
東京都大田区大森北2-4-11
米山ビル6階

03-5763-5622

サイトの保護について

プライバシーマーク取得
 
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SRPⅡマーク取得
 
Robinsにて認証されています

経営労務監査は社会保険労務士伊原毅事務所へ。

就業規則作成をお考えの方や、人事労務管理にお困りの方、経営労務監査の相談その他当事務所の業務内容でお困りの経営者様又は企業担当者様はお気軽にご相談ください。
経営者・企業担当者様に限り、1回目のご相談(直接面談)は『無料』とさせていただきます。
経営労務監査は、健全な職場環境整備、労働問題の未然防止、併せて労働基準監督署の臨検対策にも有効に活用されます。