経営労務監査、人事労務管理、労働問題の相談は大田区の伊原毅事務所へ

事務所概要 プライバシーポリシー

03-5763-5622 メールでのお問合せ

受付時間:9:00~17:00  定休日:土曜・日曜・祝日

メルマガのご紹介

平成25年12月号②アルバイトの非行増加! 万が一に備えて就業規則をチェック


2013年12月13日 11時21分

コンビニのアルバイト店員がアイス用の冷凍庫の中に入っているところを写真に撮ってSNSに掲載した事件を皮切りに、最近、飲食店や小売店で類似の事件が相次いで起こっています。
中には事件をきっかけに閉店することとなった店舗もあることから、経営者がこの問題を軽く考えてアルバイトに対する教育や労務管理をおざなりにすることは、経営の存続をも危うくする大きなリスクをはらんでいると言うことができます。

 

1、被害を未然に防止するには?
こうした非行を未然に防止するためには、就業時間中は業務に集中することとして携帯電話(スマホ)の操作やSNS等へのアクセスを禁じたり、休憩時間中や就業時間外であっても勤務先の不利益につながるような行為は厳に慎むべきことを教育したりする必要があります。
さらに、これらのことを職場におけるルールとして徹底するとともに、就業規則や店舗に備付けの業務マニュアル等にも明記しておく必要があるでしょう。

 

2、万が一に備えて就業規則等を確認
就業規則は、労働基準法により常時10人以上の労働者を使用する使用者に作成が義務付けられているものですが、正社員用の就業規則だけでアルバイト用のものは作成されていなかったり、アルバイト用の就業規則はあるが規定内容に不備があったりするケースもあります。
また、使用する労働者数が10人未満であることを理由として、そもそも就業規則が作成されていないこともあります。
就業規則が作成されていない、または規定内容に不備があるという場合、万が一従業員に非行があってもそれを事由とする懲戒処分に付したり懲戒解雇にしたりすることができなくなるおそれがあります。
こうした問題を抱える会社では、自社の就業規則をチェックし、作成の仕方や見直しの要否等について検討してみると良いでしょう。

お気軽にお問合せください

【受付時間】9:00~17:00
【定休日】土曜・日曜・祝日

03-5763-5622 メールでのお問合せ

アーカイブ

新着情報

新着情報の一覧へ

業務内容

業務内容の一覧へ
基礎講座 業務関連リンク

当事務所のご案内

【社会保険労務士 伊原毅事務所】

〒143-0016
東京都大田区大森北2-4-11
米山ビル6階

03-5763-5622

サイトの保護について

プライバシーマーク取得
 
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
SRPⅡマーク取得
 
Robinsにて認証されています

経営労務監査は社会保険労務士伊原毅事務所へ。

就業規則作成をお考えの方や、人事労務管理にお困りの方、経営労務監査の相談その他当事務所の業務内容でお困りの経営者様又は企業担当者様はお気軽にご相談ください。
経営者・企業担当者様に限り、1回目のご相談(直接面談)は『無料』とさせていただきます。
経営労務監査は、健全な職場環境整備、労働問題の未然防止、併せて労働基準監督署の臨検対策にも有効に活用されます。